Home>WORKSHOP

9/19(木)14:30~16:30 ヨギの生理学 "食とストレス”編 WS by 岡村 さくら

 

「健康」になるための答えを求める前に、まずは身体の機能を観察してみましょう。

いつも身体の中で働いている内臓や神経のことを知るだけで、様々なことが見えてきます。そして、学んだ後、何かアクションを起こして、心身の変化を感じ取ってみましょう。

客観的な理解と主観的な経験を統合することで、きっと自分にとってのバランスが見つかります。

第一部: 消化システム

   _食べ物が口から入り、必要なものが吸収され、不要なものが出て行くプロセス

- 消化器官の旅: 口から肛門まで、それぞれの器官の構造、役割と特徴

- 消化酵素の役割

- 基本としての『フード・ルール』紹介

第二部: ストレス・システム

   _ストレスを受けた瞬間に生じる生理反応

- ストレス善/悪: 生理学的なストレスの定義

- ストレスの仕組み: 神経系、ホルモンと心身の反応

- 腎臓の帽子=副腎の役割

- 迷走神経の役割と整え方

- ストレスシステムと他のシステムの相互作用

講師_岡村さくら

日時_9月19日(日)14:30~16:30

料金_¥4,500 (10回券2回分)

場所_FLOW ARTS Yoga 203号室

ご予約、お問い合わせ_contact@flowartsyoga.com

 

 

プロフィール

1992年生まれ。

京都大学総合人間学部で文化人類学を専攻、神経心理学を副専攻する。在学中にエジンバラ大学へ留学し、文化人類学の他、宗教学とケルト文化の単位を取得。卒業後サンフランシスコに位置するCalifornia Institute of Integral Studies にて Integrative Health Studies 修士課程に進学し、基本的な解剖学、生理学、病理学の他、ヘルスコーチング、古今東西の自然医療、統合医療の学びと実践を深め、2019年5月に修了。

中学、高校でのクラブ活動や大学受験勉強をきっかけに、パフォーマンスの向上という関心で坐禅や食事法の実践を始める。

19歳の時にヴィパッサナー瞑想に参加した後、本格的にヨガと瞑想を始め、その実践と並行して衣食住にまつわる学びも独自に深めた。京都で卒業論文の執筆中にFLOW ARTSへ毎週末通い、ティーチャートレーニングを修了。

岡村 さくら